戸当たり(とあたり)とは、開き戸を閉じた場合、扉が行きすぎないように方立てや、建具枠に取り付けた突起物の総称です。戸寄せ(とよせ)とも言います。戸当たりにパッキンなどを取り付け、気密性、遮音性を高めることも出来ます。三方の戸枠の戸当たりと合わせて、沓摺(くつづり)部分にも戸当たりを設け、グレモン錠と組み合わせて締め付けを行うことで、更に高い密閉効果となります。

また、扉が開いたときに壁などに直接当たって破損することを防ぐ為のストッパーのことも戸当たりと言います。煽り(あおり)止めと組み合わせて、床や壁、扉などに取り付けます。最近では扉のマグネットと合わせて使用時のみに床から飛び出る戸当たりもあります。公共のトイレブースの扉には、ドアレバーやカバン掛けを兼ねた戸当たりを設置しています。クローゼットや食器棚、洗面化粧台の扉が壁などに当たる部分に、ナミダメと呼ばれる緩衝材を設置しますが、これも戸当たりの一種です。

引き戸の場合は閉じたとき、開けたときに戸に当たる柱、建具枠の見込み面のことを戸当たりとも言います。引き分け戸の場合、占めるときに行きすぎないように鴨居に取り付ける金物も戸当たりとなります。完全に戸袋に収納される戸に、引き残しを設けるために戸袋部分に戸当たりを設けることもあります。関金(せきかね)とも言います。