「振り分け」という言葉の意味は、「全体を2つに分けること」あるいは「配分すること」である。建築業界でも、複数のケースで「振り分け」という言葉が使われている。

設計においては、基準となる線または点を中心として、上下や左右に寸法が同じになるよう割り振ることを「振り分け」という。部材1つ1つに限らず、建物全体の中央線に対して、基礎・柱・壁などをバランス良く配置する工程も「振り分け」と呼ぶことがある。
図面に書く場合、中央線は一点鎖線で表す。「CL」(Center Line=中央線)と上記することもある。中央線を基準として、上下や左右が均等になるよう振り分ける。

「中央振り分け」(センター振り分け)とは、中央線を基準とした寸法指示のこと。上下や左右が対称の部品の場合に、穴の位置を指示する時などに使われる。片側から寸法を追っていくのではなく、中心の位置を基準にして、両側の位置や大きさが等しくなるように振り分ける。

さらに、1つの部屋からそれぞれの部屋に入れる2K以上の間取りを「振り分け」と呼んでいる。自室に入る時に他の部屋に入らなくても済むため、プライバシーが守られるという利点がある。その一方で、活用できる床面積が減少する。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎