協力業者とは、その名の通り、工事現場において協力してくれる専門業者を言います。つまり、工事の受注を請負った元請け業者に協力する下請け業者にあたります。下請業者という「下」という言葉にあまり良い印象を与えないため、協力業者と表現されることが多いです。
 
規模が大きい工事ほど、1つの現場に入る協力業者の数も増えます。元請け業者が委託した1次下請や、1次下請が委託した2次下請も全て協力業者にあたります。簡単にいうと、元請け業者の工事施工に協力してくれる会社すべてが、協力業者ということです。
 
元請け業者と協力業者の違いは、発注者が誰に当たるかです。元請け業者は、公共の工事の場合、国や自治体との契約になり、協力業者は元請け業者からの発注になります。また工事施工において、建設業の工事施工管理を行うのが元請け業者で、実際に工事の作業を協力業者が行うのが一般的です。そのため建設工事で協力業者を使わず、元請け業者のみで施工を担うのは困難です。例えば、第三者災害防止のために交通誘導員を配置したり、クレーン作業が必要だったり、地盤調査や測量、他にも専門の工事があったりなど、1つの工事でも多くの施工業者が関わっています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎