建築業界における専門用語の施工は、文字通り設計図に基づいて行う作業のことを言います。新しい物を生み出す施工は経済を発展させていく上で重要な役割を担っている作業の一つです。

施工は大きく分けて実務作業と管理の2種類に分けられていて、それぞれに携わる仕事や求められる資質が違います。

施工における業務はビルや橋などの建造物、道路など様々な物を作り上げることが目的となります。芸術を始めとしたその場のイメージで臨機応変に変えていく創作活動と違って事前に作られた設計図に従って作業を行うのが特徴です。

施工管理は現場作業での費用の計算や安全への配慮、自治体への書類提出といった事務作業が中心となります。作業員に指示をしたり進捗状態を管理する現場監督と混同されがちですが、全体の管理を行う施工管理技士は国家資格が必要です。

建築関係は施工作業を行う代表的な業界の一つです。マンションやオフィスビルの建築は専門家が制作した設計図を基に施工が行われます。国民の生活を豊かにする道路の拡張を始めとしたインフラ整備も建築業界の施工によるものです。そのほか、エアコンや照明の取り付けなど電気関連の業界においても施工は必要となります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。