コマーシャルペーパーとは、大手建設会社などある程度の信用力を持つ企業が、事業を動かすための資金を直接市場から調達するために発行する無担保の約束手形のことをいう。CPと略される。

日本では、1987年からCPを発行できるようになった。建設業界においては、1988年に初めて清水建設が国内CPを発行。2003年からCPは電子化されるようになり、現在では企業が発行するCPのほとんどは電子化されたもの。
CPは、額面よりも低い価格で発行してから償還する期日に額面の金額を返還するという、割引発行という方法が採られている。手形という方式のため、社債が証券会社で取り扱われるのに比べ、CPは銀行等でも取り扱いが可能。

CPの発行は、銀行等よりも低い金利での資金調達が可能となる。発行すれば早々に投資家が購入する傾向にあるため、特に資金が早急に必要な時などには有効である。
ただし、企業の信用を担保にして販売するという性質上、CPは大手ゼネコンなど一部の大企業しか発行できない仕組みにある。CPの発行頻度が低い企業の場合、コストがかかる・権利の移転に手間がかかるなどといったデメリットも。償還期間はほとんどが30日以内のため、すぐに返済しなければならない。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。