普請で「ふしん」といいます。普請とは、家を建築したり修理したりすることをいう。「大規模な普請」「納屋を普請する」などと使う。また、道・橋・水路・堤防などの土木工事も普請と呼ぶ。

もともと普請は仏教用語であった。「普(あまね)く」と「請(こ)う」で合わせて「大勢の人に頼む」となり、力を合わせて労働に従事するという意味を持つ。特に禅宗では、仏堂の建造や清掃などといった、寺院での労務をまとめて普請と呼んでいた。転じて、土木工事だけを普請というようになった。その名残もあり、単なる建築だけでなく、公共事業での建築や修理などを特に普請と呼ぶことも。

室町時代や江戸時代には普請奉行(ふしんぶぎょう)という、城壁や堤防などの建築修理を担当した役職があった。普請方(ふしんかた)ともいいます。

安普請(やすぶしん)とは、費用を安くして安い資材を使い、安価の家を建てること。また、そうして建てた家も安普請といいます。

普請道楽(ふしんどうらく)とは、趣味人が財産を建築に費やしたり、次々と住まいなどを建て替えたりすることいいます。

家を新築した際に、身内に不幸が起こることを普請負け(ふしんまけ)や普請祟り(ふしんたたり)などと呼ぶことがあります。昔ながらのお祓いなどをして回避する風習も残っています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。