生コンクリート(以下、生コン)をコンクリートの製造工場から必要な工事現場へと輸送する特種用途自動車のことをミキサー車といいます。
ミキサー車は車両の荷台部分に、回転式の大きなドラム(ミキシングドラム)を積載しています。
この輸送する生コンとは、工場などで製造される凝固前のコンクリートのことで、セメント、砂や砂利などの骨材、水を混ぜ合わせることによって作られます。
これらの材料はそれぞれ比重が異なり、時間の経過、また車の振動で分離してしまいます。そのため一般的なトラックでの運送が非常に困難となり、常時攪拌(かくはん)可能なミキサー車が開発されました。また、生コンに使用されるセメントは水と混ぜ合わせた数分後には硬化が始まるため、工場で材料を混ぜ合わせてから90分以内には現場に輸送しなくてはなりません。

ミキシングドラムの内部には、ミキシングフレーム(またはミキシングブレード)と呼ばれる螺旋(らせん)状の銅板がついています。ドラムの回転と同時に、このミキシングフレームをつたって生コンが上下に移動し、攪拌の動きを作り出しています。走行中や荷卸し前は車両後方からみて反時計回りに、荷卸し時には時計回りへと逆転し、生コンを排出させます。

ミキサー車のことを「アジテータ車」と呼ぶこともあります。正式には、生コンの材料を直接ドラム内に入れかき混ぜながら走る車のことをミキサー車といい、それに対して工場であらかじめ製造された生コンをドラムに入れ、攪拌させながら走る車を「アジテータ車」と呼んでいました。現在では生コンの品質管理基準および規格値が厳密になったため、走行しながら材料を混ぜるといった手法は減り、主流となった「アジテータ車」のことを指してミキサー車と呼ぶ機会が多くなっています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。