天井とは、構造物内部の上面で、天井仕上材と天井下地構成材を合わせたもの。室温の調整・明るさの確保・天井裏からの塵埃の落下防止などの機能がある。

建築基準法施行令により、住宅の居室の天井までの高さは平均2.1m以上と定められている。なお、標準的な高さは2.2〜2.4mであることが多い。

高い天井は開放感を得られ、室内の風通しを良くできるなどのメリットがある。だが、冷暖房が効きづらく、音が響きやすい。

天井の種類は、大きく分けて直(じか)天井と吊(つ)り天井の2つに分けられる。

直天井とは、屋根裏や上階の床裏などに直接天井材を取り付けるもの。天井の高さを確保できたり、工事費が抑えられたりするなどのメリットがある。

吊り天井とは、屋根裏に当たる部分から格子状の枠組を吊り下げて、その表面に石膏などの天井ボードを取り付けたもの。天井裏に空間ができるため、空調や水回りなどのスペースを確保できる。メンテナンスがしやすいため、体育館など大型の施設で採用される。

東日本大震災で天井ボードが落下する事故が相次いだことにより、2014年から落下によって重大な危害を生ずるおそれがある天井を特定天井に指定し、一定の安全性を確保するよう求めることとした。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。