カルテルとは企業や事業者が独占を目的として結ぶ協定のことをいいます。

建設業においては、国や地方公共団体などの公共事業や物品の公共調達に関する入札の際、入札に参加する企業や事業者が事前に共同して、受注事業者や受注金額を決めてしまう入札談合とカルテルが区別されます。

カルテルは中世ヨーロッパが発祥で、ギルドと呼ばれていたこともありました。日本では公正取引委員会の規制によってカルテルは原則禁止されています。

企業同士の連携にはトラストとコンツェルンもありますが、カルテルはこれらの連携と少し異なり、企業(事業者)間で価格や生産数量(生産計画)、販売地域などを協定することいいます。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎