CADとは、「Computer Aided Design」の略称で、「キャド」と読み、日本語にすると「コンピューター支援設計」という意味です。建設現場で必ず必要となってくる図面(設計図・施工図等)を描くためのソフトであり、1980年代~一般企業でのCAD導入が開始されました。

CAD導入以前は、手書き作業で1枚1枚の図面を作成していました。

CADには業界別に多くの種類が存在しますが、建設業で使われる一般的なソフトを紹介します。

建築用CADでは「AutoCAD」というソフトが、多くのゼネコンや設計事務所で採用されています。

設備用CADでは「Tfas」というソフトが、トップシェアを誇っています。昨今の大型現場のサブコンさんは「Tfas」一択というイメージです。実際にどこの現場へ行ってもTfasを採用されています。しかし費用面では、その他のCADソフトよりも高額なため予算を作っておく必要があります。

またCADオペレーターという職業もあり、建設業界が一番の求人数を誇っています。そのことからもCADは建設業では必須のスキル・アイテムとなっています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎