「黄銅」は「おうどう」または「こうどう」と読む。銅に亜鉛を加えた合金。真鍮(しんちゅう)も銅と亜鉛の合金だが、黄銅と同じ物質を指しており、真鍮のほうがむしろ名称としては知られている。
黄銅は銅65%・亜鉛35%のものが一般的。他にも、銅6割・亜鉛4割の六四黄銅や、銅7割・亜鉛3割の七三黄銅などがある。亜鉛の割合を増やすと高度は増すが、同時に脆さも増すため、亜鉛の割合が45%を超える物は実用的ではなくなる。

黄銅は剛性を高めても加工しやすいため、複雑な形状や細かな装飾を作れる。また、黄銅は導電性が高いので、蛍光灯の口金などにも用いられる。銅と亜鉛の比率を変えれば赤・金などに色が変化し、さらに黄銅に錫やアルミニウムを加えて青などにもできる。

銅と黄銅の違いは、黄銅のほうが金色に近いため、装飾などで黄銅が使われる。銅は熱伝導性が高いのでフライパンや鍋などにも使われるが、黄銅製の物はさほどは多くない。また、黄銅は銅と亜鉛の化合物だが、青銅は銅に錫やリンを加えたもの。

普段よく目にするもので黄銅製の物は5円玉である。また、黄銅は綺麗な金色をしているため、アクセサリーや金管楽器・仏具・弾薬の薬莢などにも使われる。建築では、建具や水洗トイレの給水管、接続部品などに黄銅が使われている。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎