ブロック状の建材を用いて構築される塀のこと。

建材として石ブロック、レンガブロック、コンクリートブロックがよく用いられる。一般的にはブロック塀といえばコンクリートブロック塀のことを指すことが多い。コンクリートブロック塀は図面上で、CB塀と略記され略記され、型枠コンクリートブロックではなく補強コンクリートブロックが使用される。

補強コンクリートブロック造の塀については、建築基準法施行令62条の2~同62条の8において、

最低条件が規定されており、高さ上限や厚さ、控え壁、鉄筋の規格や配置間隔や定着方法など基礎の構造なども規定されている。ブロック塀上部にネットフェンスなどの構造物を設ける際は、基準に適合しなくなってしまう恐れがあるため、事前の確認が必須である。日本建築学会は、上記の法令を補足するものとして「コンクリートブロック塀設計規準」を定めて推奨しているため、そちらも参考にすると良いだろう。

CB塀は風雨にさらされる環境に置かれるため、どんなに丁寧に施工してもある程度の劣化は避けられないが、適切に施工すれば商品の寿命を延ばすことはできる。CB塀の劣化は主に内部鉄筋の腐食が関係していることが多く、笠木や目地の防水処理は特に入念に行い、CB塀構築中もCB内部の空洞に水が入らないように注意することが大切である。

【参考動画】

こちらの動画ではブロック塀の積み方について解説されいます。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。