瀝青(れきせい)とは、炭化水素混合物の固体、半固体のものを言いますが、建築では道路舗装用材料、防水材、防腐剤に用いられるアスファルトやコールタール、ピッチなどを指します。欧州諸国ではビチューメン(Bitumen)と呼び、日本語に訳したものが瀝青となります。

油田地域では地層に燃える部分を「土瀝青(どれきせい)」と言い、天然アスファルトとなります。その使用の歴史は古く、古代メソポタミアで接着剤として、古代エジプトではミイラの防腐剤として用いられました。建設は旧約聖書の創世記でバベルの塔の建設のためにレンガの接着剤として使用されていたとされています。

日本では長崎のグラバー邸の庭の歩道や明治初期の東京神田川にかかる昌平橋の舗装に用いたとされています。現在は主に石油精製過程に派生する石油アスファルトが使用されています。アスファルトの特性としては低温で固体、高温で液体になり、道路舗装の骨材の接着剤として多く用いられます。鉄筋コンクリートの陸屋根にアスファルトを用いて防水を行うことが一般的で、不織布や布、紙などの繊維にアスファルトを含侵させたシートを用いた防水屋根のことを「アスファルトルーフィング」と言います。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。