大引は、床下のパーツのひとつで、根太と直交するように下に配置し、力を地面に伝える役割を持っています。床束と束石に支えられており、1階の床組の重要な部材として知られています。大引は、一般的に9cm角から12cm角程度の丈夫な木材で作られています。加えて、湿気に強い素材であることが重要視されるため、主としてヒバやヒノキなどの木が使われます。一般的には、91cm間隔で並べられ、その上に根太がのり、床合板が張られます。

また、床下には湿気がこもりやすいという特徴があるので、大引などの床下の部材を守るために、建築の際には床下の換気を確保することが重要視されています。かつては、床下に換気口を設置している家も多く見られましたが、近年は基礎と土台の間に目に見えないほどの隙間を数多く作り、換気を確保するケースが多く見られます。

その他、リフォームする際に大引をはがすこともあります。床のデザインを変えるぐらいのリフォームであれば、はがす必要はない場合が多いです。しかし、床がふかふかになってきたケースで、大引の腐食が原因となっている場合には大引をはがします。床板の張り替えだけのリフォームと比較すると、費用は1.5倍から2倍程度です。

【参考動画】

こちらの動画では大引の交換について実演されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。