桟木は「さんぎ」と読む。断面の狭い横木の総称である。
細い桟木は格子状などに組んで、障子戸や欄間などの模様として使用する。木材を乾燥させる時、間隔を空けて木材を積み重ねる際に使われる木材も桟木と呼ぶ。

多くの場合、桟木は屋根に用いる物を指す。厚さ15mm幅30mm程度の桟木を屋根に設置して、瓦を引っ掛けて固定する。
桟木は横方向に並べる方法と、縦横に交差させて並べる方法がある。縦方向に並べる桟木は「縦桟木」、横方向は「瓦桟木」「瓦桟」(かわらさん・かわらざん)などと呼ぶ。

瓦桟木の下にさらに桟木を設置して、雨水を排出しやすくする工法がある。そのような桟木を「流し桟木」または「流し桟」という。瓦桟木を加工して、水抜きや通気がしやすくしたものを設置する工法も存在する。
桟木にはスギやマツ、ヒノキなどが適している。防腐処理を施した桟木も用いられている。大手ハウスメーカーなどは、近年合成樹脂製の瓦桟木を使用するようになった。

コンクリートを打設する際にも桟木が用いられる。コンクリートを流し込む型枠を作成する時に、コンパネを補強する目的で桟木が周囲に取り付けられる。また、コンクリートの床の上に敷桟(しきさん)と呼ばれる桟木を敷いて、型枠の土台としても使う。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。