平均地盤面とは、建築基準法上で仮想される面の1つ。建築基準法の日影規制において適用。
具体的には、傾斜のある地面に建築物が接している時に、高低差の平均を算出することではじき出される仮想の水平面をいう。ただし、建物に接する地面の高低差が3mを超える場合は、高低差3m以内ごとに平均地盤面を求める必要がある。

日影規制ではこの平均地盤面を用いる。実際の地面にできる日影ではなく、地面より高い地点を想定して日影を規制。特定行政庁が定める用途地域や指定容積率に応じて、平均地盤面から1.5・4.0・6.5mのいずれかから上の地点に生じるであろう日影を想定する。
紛らわしい用語に地盤面がある。建築基準法第52条4項では、地盤面について定義がなされている。算出方法は平均地盤面と同じ。

ただし、平均地盤面は1つの敷地で1つのみ。対して地盤面は、複数の数値が生じることもある。また、平均地盤面は日影規制でしか使用しないが、地盤面は建物の高さや建築面積・容積率などに影響を及ぼす。
実務においては、地盤面の平均値を使用することが多い。そのため、平均地盤面と「地盤面を平均化した数値」が混同される状況となっている。特に建築設計の際には、数値の取り扱いに注意が必要である。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。