建築においてアタッチメントは、重機に対して使われることが多いです。ユンボやバックホーなどといったショベル系掘削機には、通常はアームの先端にバケットという、土などをすくう金属製の部品が付属している。バケットを外してアタッチメントと呼ばれる付属装置に付け替えることで、さまざまな作業に対応が可能になります。

フォーク(グラップルなど)は手のような形状で、重量物を掴んで破壊する。木造建築の解体に主に使われる。

カッターはペンチのようになっており、刃の部分で鉄骨などを切断できる。鉄筋コンクリート建造物の解体で活躍。

ブレーカー(ハンマー)は太い針のような金属の部品に振動を与え、コンクリートなどを破砕する。解体工事では、基礎部分の解体に使用する。

その他にも、クラムシェル・クラッシャー・スケルトンバケットなどさまざまなアタッチメントがあります。

重機にアタッチメントをつけて作業するためには、つけるアタッチメントに応じて各種車両系建設機械運転技能講習を修了する必要がある。必要とされる講習は、「整地・運搬・積込み用及び掘削用」「解体用」「基礎工事用」の3種類です。重機以外では、インパクトドライバーや電動ドリルなどといった工具にもアタッチメントがあります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。