構台とは、建設現場での工事の目的のために作られる仮の設備のことです。現場ではよく「ステージ」と呼んだりしています。工事の目的によって様々な作業構台を設けます。重機(バックホー・クラムシェル、移動式クレーン、トレーラー、生コン車・ポンプ車)の経路や重機が作業できるスペースを確保するために、整地にし鉄板を敷いた作業構台。高い場所での作業が必要であり、作業床を確保するために足場を組み立てた作業構台。法面上で作業できるように、平場を足場で作るような法面作業構台。材料の置き場のスペースがないために設置するもの。他にも、工事現場の環境や条件に合わせた構台を設けるため、用途や積載荷重などによっても様々な物があります。
 
構台は大規模な工事によく設置され、住宅規模の現場ではあまり見ることがないです。仮の設備であるため、作業上必要な期間のみ設けることが望ましく、長い期間放置しておくと、その分材料費やリース費などの、費用がかかってしまいます。そのため十分に打ち合わせを行い、設置時期を検討することが重要になります。また構台での作業上、作業者に危険を及ぼさないために、材料の損傷・変形、腐食がないかなどの点検をする必要もあります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎