アールヌーボーは、19世紀末頃から20世紀初めにかけて、フランスなどのヨーロッパ諸国の建築や工芸、絵画などの諸芸術に流行した様式のことを指します。植物などを模した曲線的な装飾が特徴で、フランス語では新しい芸術を意味しています。産業革命以降に粗悪になってしまった実用品などに再び芸術性を取り戻すというコンセプトをもち、波及したと言われています。例えば、「サグラダ・ファミリア」や「タッセル邸」、「パリの地下鉄の出入り口」が該当します。アールヌーボー様式を生んだヨーロッパの芸術家は、日本の浮世絵から多大な影響を受けたとされており、日本にもゆかりのある様式です。

また、曲線的な装飾が特徴であることに加えて、有機物をモチーフにすることが多い傾向にあるのも特徴です。具体的には、花や草、昆虫などを手すりや壁に描いたりします。さらに、鉄を線材として使用しているのも特徴のひとつです。これにより、軽やかで繊細なデザインが実現できたといわれています。

その他、似たような言葉に「アールデコ」があります。芸術性を求めたアールヌーボーに対して、シンプルかつ合理性を目指すデザインです。直線的なデザインが特徴で、1910年から1940年にかけて、ニューヨークやヨーロッパで流行しました。ニューヨークのマンハッタンにある建築群は、代表的な建物とされています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。