交流電流とは時間の経過にともない、大きさや方向が変化する電流のこと。電気は高電圧の状態で変電所から送られるが、各家庭などに電気を送る場合、利用できるようになるまで電圧を下げる必要がある。発電所から一般家庭まで送られてくる電気も交流電流である。交流電流は英語でAlternating Currentと呼ばれ、ACと表す。

波のようにプラスとマイナスを交互に繰り返して流れている。時間の経過によって大きさも方向も変化しない電流を直流といい、プラスからマイナス方向に流れるもの。乾電池を使用すると作動する電化製品は直流電流である。ただし、交流電流のままでは使用できないこと場合が多い。そのため、交流電流から直流電流に変換することで電力が供給されている。

交流電流のデメリットは、電圧が0になる瞬間があるため安定せず、一定の電力を供給できないという点である。電流・電圧が0となる場合に電力が供給されず、発電できない。そのため、家庭で使用される電化製品の定格電圧を得るためには、実際に必要な電圧よりも高い電圧が必要となる。

一方で交流電流のメリットは、何らかの事故が発生した場合に容易に電力の供給を止められる点である。直流電流に比べて遮断が容易。これにより、遮断器・電化製品本体に負担を与えにくい。また、直流電流よりも設備に費やすコストが安くなるという点もある。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。