宅地造成等規制法とは、がけの崩落や土砂流出など災害の危険性がある区域を定めて、無秩序な宅地造成工事を規制する法律です。「宅地造成工事規制区域」に指定された区域内で一定規模以上の宅地造成工事をする場合は、都道府県知事に許可申請を行います。
許可申請が必要な工事は以下の4つです。

1.切土により高さ2m超のがけができる造成工事
2.盛土により高さ1m超のがけができる造成工事
3.盛土と切土を合わせて高さ2m超のがけができる造成工事
4.切土・盛土の高さによらず面積が500㎡超になる造成工事

当該工事の擁壁や排水設備などが、災害を防止する措置として技術基準をクリアしているかどうか審査されます。申請が許可となってから造成工事に着手し、工事完了後は都道府県知事による完了検査を受けます。検査済証が交付されて初めて建築工事に着手できるのです。

宅地造成とは、建物を建てられるように土地を平らにすることです。「宅地」とは、必ずしも住宅の建設を目的とした土地という意味ではありません。また既存の擁壁が、老朽化によって安全性が危ぶまれる場合には、改善するよう命令を受けることがあります。なお、都市計画法の開発行為許可を受けた場合は、この区域にあっても許可申請は不要です。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。