建築用語でタラップとは、固定されている格子状になったハシゴのこと。
注意しておきたいのは、「タラップ」は英語ではなくオランダ語由来。英語で「タラップ」は、「step」(ステップ)や「ladder」(ラダー)という。
主にビルの外壁やバルコニー、マンホールの内部などにタラップが設置されている。ステンレス製やアルミ製のハシゴ状になっているものが大半であるが、コンクリート壁などに1段ずつ取り付けるタイプのものもある。背カゴ(安全ガード)が付属しているものも。

また、屋内にもロフトなどにタラップが設置される。アルミ製のハシゴ状のものだけでなく、折り畳んで天井に収納できるものや木製のものなどがある。
タラップの寸法はいろいろあるが、幅が300mm〜350mmのものが多い。背かごの幅は600〜700mm、奥行きが60〜1000mm程度。ただし、法律で背かごを設置する義務は定められておらず、あくまでもメーカーなどの自主判断で設置している。

タラップを設置するメリットは、狭い場所や不安定な場所でも設置できること。頑丈に作れたり、建物の施工が完了した後でも設置できるなどのメリットもある。ただし、タラップは頑丈に作ることが多いため、固定して動かせない。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。