つり橋を建てるときに、橋梁の端に設置するコンクリートの塊が「アンカレッジ」です。アンカレッジによってつり橋のメインケーブルは固定されます。強風対策としても欠かせない部分だといえるでしょう。

メインケーブルの張力に耐えられるだけの強度がアンカレッジには必須です。そのうえで、地盤にもケーブルの張力を伝えなくてはなりません。つり橋の建築においてアンカレッジは非常に重要です。そのため、耐久力を考えて巨大になる特徴があります。ただし、観光名所では景観を損なわないよう、地中に埋め込んでしまうケースも珍しくありません。ちなみに、アンカレッジとはもともと、航海用語でした。語源は英語の「anchorage」で、「碇をおろす場所」という意味です。その言葉の「固定する」という部分から派生し、建築業界でも用いられるようになりました。日本では、つり橋の工事に関係する言葉としてのほうが有名です。

「建築施工管理技士」はアンカレッジとかかわる可能性が高い仕事です。建設工事において品質を管理するポジションなので、アンカレッジ設置の際には責任が大きいでしょう。また、アンカレッジを設計するのは「建築士」の役目です。つり橋を支えるために必要なサイズ、強度を計算する非常に重要な立場です。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。