土留め(どどめ)とは、土が崩れることを防ぐために土を押さえる構造物をいう。山留め(やまどめ)という言い方もある。意味は同じで、実務ではどちらも使う。ただし、建築学会の規準書では、用語として山留めのほうが使われています。

構造物を建造して土圧を支える工法と、自重で土圧を支える工法がある。後者のほうが安価ですむが、小規模の場合に使われる。

土木工事や基礎工事の土留めには、矢板(シートパイル)を使用することが多い。矢板の種類には、木製・鋼製・鉄筋コンクリート製などがある。木矢板は横矢板に用いる。鋼矢板はU形やハット形・直線形などに設置して、仮設用または永久構造物に使う。鉄筋コンクリート矢板は永久構造物として使います。

土留め壁を構築する場合は、親杭横矢板工法・鋼矢板工法・鋼管矢板工法・ソイルセメント壁工法・場所打ち鉄筋コンクリート壁工法などを使用する。

また、花壇の縁やフェンスの基礎なども土留めと呼ばれることもある。土留めとして建築ブロックを使用する事例も多く、その場合は建築基準法に準ずる。土留めの高さが2mを超える場合、建築基準法による確認申請を提出する必要がある。その他、地方自治体の条例に従って建造しなければならない。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。