7畳は、近年賃貸物件で人気がある部屋の広さである。
畳の大きさは地方により違いがあるため、7畳の広さが統一されているわけではない。京間は6尺3寸×3尺1寸5分(191cm×95.5cm)、江戸間は5尺8寸×2尺9寸(176cm×88cm)、団地間は5尺6寸×2尺8寸(170cm×85cm)とバラツキがある。京間と比較した場合、団地間は8割ほどの広さにしかならない。

しかし、不動産公正取引協議会では、1畳を1.62平方メートル以上の広さがあるという意味で用いるよう決めている。そのため、不動産広告においては、7畳はおよそ11.34平方メートル以上ということになる。
部屋の広さを7畳と表現するが、7枚の畳を正方形または長方形にして敷くのは不可能である。よって、およそ11平方メートルほどある

洋間ワンルームまたは1Kの広さを、「7畳」(または「7帖」)と表現することが多い。
同じ7畳と表示される場合でも、ワンルームはキッチンの広さも含めるため、居住空間は7畳分のスペースより狭くなる。1Kだと部屋プラスキッチンになるので、7畳分の居住空間が確保できる。
7畳の居住空間を作ることで、ベッドやソファ、作業用机などを置くスペースが取れる。6畳間よりも1畳分の余裕ができるため、7畳は1人暮らしの賃貸物件で人気が出ている。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。