かつての建築業界は、3Kが常識とされてきた。3Kとは、「キツい」「汚い」「危険」という、ローマ字で書くとKが頭文字になる3つの言葉である。「給料が安い」「休暇が少ない」「カッコ悪い」などを加えて6Kとすることも。
建設業者や建設業に就業する者の数は、平成10年頃をピークに年々減少している。国土交通省が公表した平成30年3月のデータによると、平成12年3月末時点と比較して、建設業者は20%以上減少。建設業に就業する者も、ピーク時より30%近く減るというデータがある。

また、建設業では就業者の高齢化も問題となっている。数年後には高齢者の大量離職が予測され、中長期的な就業者の確保が必要となってきた。
そのため、建設業界では3Kを改善する動きが顕著に見られる。作業の効率化や完全週休2日制の導入で「キツい」からの脱却を図り、工事のICT化を進めることで「汚い」仕事を減少。建築現場のパトロールの強化や危険回避訓練で「危険」から身を守るなど、数々の施策が講じられている。
近年では、「給料が良い」「カッコいい」「感謝される」などの新3Kを掲げる建築会社が増えた。大型重機の試乗会や建築現場の見学会、情報誌の発行などで、若者に建築業界をアピールしている。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。