トータルステーションとは、土地の計測の際に使う機械で、距離と角度を同時に計ることが出来る計測器です。建設する土地の大きさや高さを調べることを測量(そくりょう)と言います。計測の際に基準となる位置を三角点、高さを水準点(すいじゅんてん)もしくは、ベンチマーク(略してBM)と言います。水準点は国土交通省に置かれる国土地理院により、全国の国道、主要道路に設置されています。

建設現場には三角点、水準点から設定した仮の水準点を設けます。それをカリベンチマーク(KBM)もしくはテンポラリーベンチマーク(TBM)と言います。建設現場の測量はそのKBM若しくはTBMを基準に、測定する箇所の距離と角度を計測して、高さを算出します。

かつて距離の計測にはチェーンまたはテープを用い、角度の計測はコンパスを使用してきました。その後、望遠鏡を応用して角度を計測する「セオドライト(theodolite)」、「トランシット (transit)」、レーザーを用いて距離の計測する「光波測距儀(こうはそっきょぎ)」が開発され、精度が向上しました。トータルステーションはセオドライトと光波測距儀を組み合わせたもので、それまでは距離と角度を別々に測定したものを、同時に測定できるようになりました。現在ではパソコンの機能も備わり、計算や帳票、図面の作成まで行えるようになりました。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。