騒音計とは、音の客観的な物理的性質を数値化する装置のことで、心理的、生理的、主観的な要素を含んだ音の大きさは測定できません。算出された数値を騒音レベルといい、一般的にはdB(デシベル)の単位を用いて表すことが多いです。

計量法で規定された法定測量器に、普通騒音計と精密騒音計の2種類あり、性能に違いがあります。法定計量器なので、取引証明に利用する際には検定に合格しなければならず、検定の有効期間は5年です。日本では「JIS C 1509シリーズ」と計量器検定検査規則があるほか、国際的にはIEC、アメリカにはANSI、イギリスにはBS、ドイツにはDINなどの規格が存在します。

また、マイクロホン、周波数補正回路、増幅器、指示計器、校正装置、電源から構成されています。中でも、周波数補正回路については、A、B、Cの3種類の周波数特性を持つものが規格によって定められており、対象となる騒音の大小に合わせて切り替えて使います。

その他、マニュアルによっていくつかのタイプに分類されています。具体的に、「航空機騒音測定・評価マニュアル」では、指数応答型騒音計をⅠ型、積分平均型騒音計をⅡ型、積分型騒音計をⅢ型としています。実際にはⅠ型とⅡ型が実用的に使われています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。