MMSとは、モービルマッピングシステムの略称です。道路面や道路周辺の3次元座標データと、連続カラー画像を取得する車両搭載型の測量システムです。MMSに搭載される機器には、「レーザースキャナ」、「GNSSアンテナ」、「IMU(慣性計測装置)」、「オドメータ(走行距離計)」などがあります。レーザースキャナやデジタルカメラは雨に弱いため、雨天時には計測できないのも特徴の一つです。

MMSを活用した場合、短時間で大量のデータが取得できることや交通規制などをしないで作業ができることなどがメリットです。現場作業が少なく、現地での作業ミスを減らすことが可能となるのも魅力です。一方で、システムが複雑であることや操作に慣れる必要があることなど、デメリットも存在します。MMSは高価な計測機であるため、導入コストが非常に高くなってしまうのも難点です。

活用例の一つとして、MMSを用いた土工出来形計測システムがあります。切土、盛土の土量や移動先、移動量を定期的に把握する出来形計測を効率化するシステムです。刻々と変化する現地の出来形を正確な3次元点群データとして取得でき、工事の進捗状況や設計図との相違を素早く把握することが可能です。

【参考動画】

こちらの動画ではMMSについて解説されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。