もしも地震が来たとき、震動を調整してくれる装置が「アイソレーター」です。
建物にとってもっとも危険な地震は、短い周期で激しく揺れるタイプだといえます。アイソレーターを取り付けておけば、いざというときも揺れの周期を長く変換できます。そして最終的に建物への影響を抑えられるのです。

大きく2種類にアイソレーターは分けられます。まずは、「積層ゴム」のアイソレーターです。このタイプは、ゴムと鋼板でできています。地震が来たら鋼板が建物を守り、ゴムが衝撃を緩和します。その結果、震動が建物に伝わりにくくなる仕組みです。次に、「すべり支承」と呼ばれる装置です。これはテフロン樹脂などでできており、柱の下に置かれます。その下にはステンレスなどの板が設けられ、すべり材をよりすべりやすくしています。地震の際にはすべり材がゆっくりすべって揺れをやわらげます。その結果、建物への影響が弱まるのです。

「施工管理技士」は建築現場でアイソレーターの設置にあたるポジションです。アイソレーターとの関連は非常に強いといえるでしょう。そのほかでは、「建築士」もつながりがある仕事です。なぜなら、アイソレーターをどこに設けるか考える役割だからです。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎