カウンターウェイトとは、昇降機、揚重機、舞台装置などの吊り上つげ荷重との「つり合い錘(おもり)」のことを言います。ビルやマンションで用いられているロープ式エレベーターには、ロープの両端には利用者や荷物を乗せるカゴとそのかごの重さと定格積載量の半分の重さのカウンターウェイトがあります。

そのロープの巻上機を用いて効率的にかごを昇降させます。高層ビル建設に用いる水平ジブ型タワークレーンでは、つり上げる荷物とクレーンの一部の荷重とのバランスをとるために、旋回部分の後方にカウンターウェイトを取り付けます。フォークリフトは重い荷物を持ち上げる際、前面に転倒しないように、車体の後方に最大となる荷揚げ荷重に相当するカウンターウェイトを積んで、前輪を支点としてバランスをとっています。

劇場などの舞台装置では、美術バトン、照明用バトン、緞帳(だんちょう)幕をつり上げる昇降装置があります。これもロープ式エレベーターと同様にロープの端部にはカウンターウェイトが繋がれており、荷重のバランスをとりながら、舞台装置の上げ下げを行います。また、ケーブルカーでロープの両端に車両が繋がり、相互のカウンターウェイトの役割を果たしながら、急な斜面を走行します。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。