概略(がいりゃく)とは、細かな部分を略し、その内容を示すことです。建設業では詳細な設計図面を作成する前に、建物の規模や工法、概要を示した概略図(概略図)を作成し、発注者への説明などに用います。手書きで図面を作成している時代では、定規を用いて図面を描く前に、フリーハンドで建物の平面図や断面図、外観や内観のパースを作成しました。

法規制や面積、階高、仕上げ仕様は文章で記載して、出来るだけ完成時のイメージが付きやすい様に工夫を行います。システムの概略を示す場合には、ダイヤグラムやフローチャートを用いて、それぞれの繋がり、動きを説明します。最近ではCADやBIMが浸透し、コンピュータで概略を示すことが多くなりました。初期に簡単な線で平面図や断面図を記載し、設計を進めながら詳細な線を描き加えていきます。

また、描いた線は部材データに置き換え、3Dでのイメージ確認が出来るようになります。そのデータは積算(せきさん)にも用いられ、見積書も自動的に作成されるようになります。将来的にはそのままロボットで作る時代が来るかもしれません。同じものが無く、新たなものを作る建設業にとっては、概略を示すことでこれから作るもののイメージを共有する大切なものです。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎