製図の際に、図面に縦横に引いた格子をグリッドと呼ぶ。手書きの図面では方眼用紙を使用する。
英語のグリッド(grid)には格子や碁盤の目などの意味がある。建築でも格子状のものを指す。
CADで作図する場合にもグリッドを表示できる。ただし、格子状に直線が入るのではなく、等間隔にドットを表示させてグリッドとして使用する。ドットの間隔は変更が可能。

グリッドの単位としてモジュールが使われている。現行では、インチモジュール(単位がインチで1218mm)・メーターモジュール(単位がメートルで1000mm)・尺モジュール(単位が尺で910mm)の3つが存在する。
日本では、尺モジュールとメーターモジュールの2つがほとんど。尺モジュールは建材の種類が豊富、メーターモジュールは空間を広く確保できるなどの利点がある。

また、家を設計する際に基準となる正方形の単位のこともグリッドという。グリッドに沿って家の間取りなどを決めていく手法はグリッドプランニング。
設計にグリッドを導入する場合、柱や壁などの単位を合わせやすくなるため、建材の無駄を省けたり施工の効率を上げられたりするなどのメリットがある。ただし、設計の自由度が下がるとして導入しない場合もある。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。