立面図とは、建物を真横から見た姿を表した図面のことで、姿図とも言います。一般的には東西南北の各方向から見た面を書くが、建物が長方形であるとは限らないので、特定の方向から見た建物のすべての部分を示す場合もあります。

立面図の役割は、主に外観のデザインがどうなっているのかを表す。その他には、住宅の高さや幅・屋根の勾配・軒の出・地盤面との関係など。北側斜線や道路斜線、あるいは高度地区制限などのチェックも立面図で行います。

立面図を書く流れとしては、まず軒高など基準線を書く。次に柱や梁といった躯体や構造体を書き、その後に窓や建具などの外装を書く、といった流れです。図面はmm単位で表現し、立面図の縮尺はおおむね100分の1を用いるが、場合により50分の1も用いることもあります。太い実線で見える部分を表現し、破線で現場では見えない部分の表現など、線の種類により書き分ける。また、Φは直径、tは厚さなどといった記号も使用する。

平面図との違いは、建物を上から見ているのが平面図、横から見るのが立面図。

断面図との違いは、建物内部を縦方向に切断したものが断面図、外観を表すのが立面図。

展開図との違いは、各部屋の中身を示すのが展開図、外観を示すのが立面図となります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。