公図(こうず)とは、公式な土地登記簿上の権利、地積を現す図面のことです。法務局やその支局、出張所などの登記所で閲覧、取得ができます。土地の調査や境界線を確認する際に用いられます。明治時代の地租改正(ちそかいせい)に始まり、現代の地図とは異なり大まかな形状や大きさを示しています。公図には土地の整理確認を行った際、かつての村を「大字(おおあざ)」とし、町名を「小字(こあざ)」若しくは「字(あざ)」として記載しています。土地の区画を1筆(いっぴつ)と言い、地番(ちばん)が割り振られています。この土地の場所の表示を「地番表示(ちばんひょうじ)」と言います。

郵便物の配達に用いる「住居表示(じゅうきょひょうじ)」とは異なり、一つの敷地の中にもかつての区割りの番地が複数あることもあります。「住居表示」はその代表となる「番地」を表示することが多いです。所有する土地の複数の番地を1筆にまとめることを合筆(かっぴつ、または、ごうひつ)といい、複数に分けることを分筆(ぶんぴつ)と言います。公図には青線(あおせん)で示された水路や、赤線(あかせん)で示された道路の記載もあります。いずれも地番のないことから、法定外公用物として国有財産となります。合筆などで敷地を所有する場合には、国からの払い下げ等の手続きが必要となります。公図は現在、インターネットでも取得可能となりました。まだ電子化されていないものもあり、その際は登記所での閲覧、取得となります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。