作業環境測定士とは、有機溶剤や特定化学物質、放射線物資、鉱物性粉塵及び金属類を取り扱う作業場の環境の測定を行う人を言います。建設現場では、極端な温度や気圧の変化、騒音、塵埃により作業者に健康被害をもたらすことがあります。作業環境測定士は作業場の環境改善を図り、労働者の健康を守る役割があります。

作業場の環境を測定、分析し、その結果に問題がある場合には改善のためのアドバイスを行います。作業環境測定士は国家資格で、厚生労働大臣の指定する機関での試験を受ける必要があります。

第一種作業環境測定士は、デザイン、サンプリング、分析や解析などを行うことが出来、第二種作業環境測定士はデザイン、サンプリングと簡易な測定器による分析業務のみが出来る2種類があります。

受験資格も細かく指定されているため、試験の主催者である公益財団法人安全衛生技術試験協会に資格取得の方法を確認する必要があります。資格取得後に法令に基づいた登録講習を受講して作業環境測定士になります。労働災害を未然に防ぎ、労働作業環境の改善に努めて労働者の健康を守る作業環境測定士の役割は大きく、やりがいのある仕事です。

【参考動画】

こちらの動画では作業環境測定士の仕事について解説されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎