管理建築士とは、建築士事務所の総合的な管理を担う建築士のことです。建築士法24条では、建築士事務所ごとに専任の管理建築士を置くよう定めています。業務内容は、建築設計や工事監理はもちろん、事務所の経営や所員の業務管理も重要な任務として加わります。

管理建築士になるためには、一級・二級・木造いずれかの建築士試験に合格後、3年以上の実務経験を経て、管理建築士講習を受講・修了する必要があります。実務経験とみなされるのは建築設計や工事監理であり、施工や施工管理は含みません。
管理建築士講習は、建築士講習と同様に自分で開催日程を調べ、申し込みます。5時間の講義受講後に1時間の修了考査を受け、合格すれば修了です。講習は1回受ければよく、その後に受講義務は発生しません。たとえば二級建築士事務所で管理建築士となり、数年後に一級建築士に合格した場合は、受講しなくても届出だけで変更が可能です。

管理建築士は、必ずしも事務所開設者でなくても構いませんが、管理建築士は事務所に1人と決まっており、複数を置くことはできません。また専任、常勤が条件であり、他事務所との兼任や副業は禁じられています。管理建築士が不在となった時点で、建築士事務所として仕事を受けることができなくなります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。