ガス主任技術者とは、ガス工作物の工事・維持・運用ができる保安監督のこと。ガス事業法により、ガス工作物の工事・維持・運用に関わる業務を行う場合はガス主任技術者を選任しなければならないとされている。そのため、ガス主任技術者はガス工作物を取り扱うガス事業社などで欠かせない存在であるといえる。

ガス主任技術者として業務を行うためには、国家資格であるガス主任技術者試験に合格する必要がある。試験合格後、各都道府県に申請することによって資格を取得できる。資格種別には甲種・乙種・丙種の3種類があり、それぞれ監督できる範囲が異なるが甲種が最高位の資格とされている。JIA(一般財団法人日本ガス機器検査教会)が毎年1回実施している。マークシートによる択一問題と論述問題が出題されるが、年齢・学科指定などの受験資格は設定されていないため、ガス事業者以外でも誰でも受験できる試験である。しかし、一番易しいとされる丙種の合格率は20%前後であることから決して簡単な試験とはいえない。

ガス主任技術者の資格保有者であっても高圧ガスの製造に関する職務は行えない。また一般家庭に設置されているガス給湯器などを設置する工事には携わることができず、液化石油ガス設備士・ガス可とう管接続工事監督者・簡易内管施工士などの資格が必要である。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎