基礎工事などの地盤を掘り進めていく工程で、周囲の土砂が崩壊しないよう、あらかじめ打ち込む板状の杭のことを矢板といいます。矢板には、木製、鋼製、鉄筋コンクリート製などがあり、このうち鋼製のものが鋼矢板です。
基本的には仮設材として使用し、工事終了後に引き抜いて再利用します。ただし、護岸工事などの土木工事においては、本設構造物として設置することがあります。

鋼矢板は、1枚の幅が400〜900mmの鋼板を繋ぎ合わせることで効果を発揮します。断面の形は、U形、ハット形、直線形の3種類です。
U形は、断面が左右対称形で比較的取り扱いやすい矢板です。アーム部分がなく、継手の形状が同じなため、繋ぎ合わせでは、交互に向きを変えて接続します。古くから利用されてきたU形は、現在も多くの工事現場で採用されています。
ハット形は、断面がつば付き帽子の形をしています。有効幅が900mmと大断面なので、使用枚数が削減できて経済的です。同じ向きで接続できるのでスムーズに施工できて、U形矢板よりも高い強度が確保できます。

直線形は、そのまま使用せず円筒状の柱として組み立て、その中に土砂や砕石、コンクリートなどを詰めたものを連続させて並べて使います。主に海底で使用して、海水の侵入を防ぎながら構築物を築造する工事で活用します。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。