ベタ基礎は直接基礎の一種です。1995年の阪神淡路大震災以降、日本の住宅の多くで採用されている。住宅が建つ床下の地盤全体を、鉄筋コンクリートで一体化させて作ったものである。家の底一面をすべてコンクリートで覆うイメージです。

強度が高いため、耐震性に優れている。また、建物が直接地面と接触しない構造になっているため、地面からの湿気による木材の腐食を防止できる。シロアリ対策としての効果もあります。ただし、コンクリートや鉄筋を多く使用するため、布基礎と比較した場合は材料費が高くなる。また、新築から1〜2年はコンクリートから水分が出るため、水抜きなどの対策が必須となります。さらに、寒冷地では地面が凍結すると膨張して、基礎を押し上げることもある。その場合、凍結深度より深い所から基礎を設置する義務が生じる。

建築基準法の関連法令により、ベタ基礎の立ち上がり部分の高さが地上部分で300mm以上、厚さは120mm以上としなければならない。底盤の厚さは120mm以上、根入れの深さは原則120mm以上とし、凍結深度よりも深いものとする。北海道の凍結深度は、全域で50cm以上、場所によっては1mを超える。そのため、北海道ではベタ基礎より布基礎のほうが適するとされる。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。